プラチナカードやゴールドカードはインビテーションがなくちゃ取得できない?!

一般カードのようにグレードが低くても旅行保険がついているものが多いので国内や国外でも安心です。
交通事故にあってしまったり、急に高熱が出た場合などに対応していてグレードが高いほど補償が手厚くなって心強いですね。
一般的に国内旅行よりも海外の方が限度額が高く設定されていますがこれは海外の方が医療費が高額なことが原因で、オーストラリアで骨折して治療に170万円かかったという例もあります。
ETCカードを利用することで、高速料金が割り引かれるだけではなく、クレジットカードのポイントも貯めることができるのですごくお得です。
ところで、ETCカードを選ぶ時のポイントとしては、年会費が無料のカードが支持を集めています。
また、入会するといくらかのポイントが進呈されるキャンペーンを行っているETCカードも存在します。
申し込み方法としては、クレジットカード会社の公式ページより申し込みをすることができます。
ショッピング保険や携行品についての保険が付いていることも多く会社によって1回の旅行で数万円以内までは保障するなどの規定があります。
自動付帯と利用付帯の2種類の保険適用がありますが所有していれば自宅に保管していても適用されるのが自動付帯で、支払に使用しなければ適用されないのが利用付帯です。
クレジットカードは、キャッシュレスでショッピングができるだけではなく、その他にもメリットが色々あります。
イオンやOMCなどの流通系のものは毎月「感謝デー」と称してポイント付与率が高くなるなどのサービスがあります。
JCB、AmericanExpressなどの国際ブランドでは国内のホテルやレストランの料金面などで優待を受けることができます。
レクリエーション面で発行元が運営している特典は、フットサルコートやテニスコート、テニススクール、乗馬、カヌーなどのスポーツ施設の割引価格での利用があります。
一方で、美容や健康面でも充実しているカードもあり子育て支援や介護、自己啓発などの相談サービスを利用できるものもあります。
ゴールドカードはクラッシックよりも高い地位が与えられているので一般会員には提供されないサービスが利用できます。
審査基準には年齢制限や年収制限などの厳しい審査がありましたが近年、ブラックカードなどの登場で、条件が緩くなってきました。
対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中にはより高額な保険補償額や空港のラウンジサービスの提供などがあります。
年間の会費が無料になるものもありますが、これについては既存会員の中で企業が規定する利用条件を満たした人だけが「お誘い」を受けるシステムなので、こちらから申し込んでも受理されません。
更に一定金額以上の利用で年会費が0円になるものもあり、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAゴールドプレミアムでは年間100万円の決済で適用されます。

プラチナカードの取得条件は?【インビテーションと年収関係あり?】